ほうれい線を予防するマッサージで40代でも若々しく

肌の悩みのある女性

 

こんにちは。近藤さと美です。

 

 

肌のたるみで代表的なものが「ほうれい線」ですね。 一度刻まれてしまうとなかなか通常のケアでは消すことが難しいので、予防が大事です。

 

 

ほうれい線ができる原因としては、

 

・コラーゲンなどの肌の弾力が低下してくる

 

・顔の筋肉が衰えてくる

 

・皮下脂肪がだんだんとてるんでくる

 

・猫背

 

 

これらの要因を改善し、ほうれい線を予防していきます。この原因を逆に改善するようにクリアーしていけば、ほうれい線は薄くなってきます。

 

 

 

 

 

肌の弾力を低下するのを防ぐ

 

もちもちっとして肌・・・その地盤をつくる真皮層で生成されるコラーゲンが歳を重ねたり、紫外線にやられてりして減少すると肌の弾力が失われていきます。

 

 

このまま放置するとほうれい線が刻まれてしまいます。真皮層の弾力の低下を防ぐためには、紫外線対策をしっかりすることと、体の代謝を高めることが大事です。

 

 

軽い運動、ゆっくりとお風呂につかったり、ビタミンA、C、Eを摂取します。また、乾燥もほうれい線の原因になるので、しっかり保湿することも大切です。

 

 

皮下脂肪がたまらないようにする

顔に皮下脂肪がたまると・・・・表情がうまくできなくなってきます。そのために使われなくなってきた表情筋がだんだん衰えていくようになり、脂肪の重みで頬がたるんできます。

 

コレを防ぐにはフェイササイズが有効です。→口元のたるみを改善する  参照

 

 

顔の筋肉を鍛えることで、皮下脂肪がたまるのを防ぎ顔のたるみを予防します。

 

 

 

 

猫背を改善する

やはり何度も出てきていますが猫背は顔をたるませます。そしてほうれい線を作ってしまいます。

 

 

普段から姿勢に気をつけて、長時間のデスクワークなどでは、座っている椅子の腰の部分にクッションをはさむなどして、姿勢がまっすぐになるように、調整しましょう。こうすると長いデスクワークでも良い姿勢を続けることができます。

 

 

洗顔をするときに注意すること

洗顔をしすぎたり、洗浄力が高い過ぎるクレンジングなどでは、皮脂膜やセラミドといった角質まで洗い落としてしまうことになります。 あんまり顔を洗いすぎると乾燥肌になってしまいます。

 

 

肌が乾燥してくると徐々にシワになりやすい、ほうれい線のできやすい肌にあんってしまいます。角質層をいた見ることで乾燥が進んでしまいますので、過度にこするような洗顔は控えて、やさしく洗い上げるように心がけましょう。

 

 

 

ほうれい線を改善してみての感想

 

個人的には、やっぱり「顔の筋トレマッサージ」が一番効果がありました。最初は顔の筋肉が痛いくらいでした( ;´Д`)

 

 

でも顔の筋肉って体の筋肉よりも小さいので、回復も早いんですね体の筋トレは、筋トレしたら筋肉が回復するまで2〜3日かかりますけど、
顔の筋肉は一日で回復するんで、毎日顔の筋トレマッサージをやっても大丈夫です。

 

 

これをやりながら、馬プラセンタサプリ飲んでると、いやあいい感じで、ほうれい線が気にならなくなってきました。嘘じゃないです。

 

 

「私なりに」ですけど、ほうれい線が薄くなってきました。何もしてない時に比べれば格段の違いです。まあ、元がひどいのでこれでやって「普通」になったのかもしれませんがね。元がキレイな人がやったらものすごいことになるでしょう(;・∀・)

 

 

というわけで、顔の顔筋マッサージと馬プラセンタ飲みながら今はほうれい線のさらなる予防をやっております次第です(^O^)/

 

 

 

 

 

トップページにもどる

関連ページ

顔のたるみの解消方法 40代女性はどう解消するかのか?
顔のたるみの解消方法をご案内します。40だいなったらどうやって解消するのか??
頬のたるみを改善する 40代女性の頬をリメイクする
頬のたるみを改善する 40代女性の頬をリメイクするためにはどうすればいいでしょうか?ご案内します。
口元のたるみを改善する 40代女性の口元は見られてます
口元のたるみを改善するする方法  女性は口元が命ですからね。口元のたるみを改善するには口元の筋肉を引き締めて、肌のたるみをよくする栄養を体の内側から摂っていくのがポイントです。